学会概要

学会概要

 日本老年行動科学会は、日本学術会議認定の協力学術研究団体として、高齢者にかかわる心理・医療・看護・保健・社会福祉・栄養などの専門家(研究者)、高齢者ケアの実践者、そして高齢者のケアに関心をもつさまざまな人々が集い、交流して、高齢者のケアに行動科学的なアプローチを展開する全国組織の学会です。

 「出会いの場」「実践の場」をキャッチフレーズにして、「学会誌の発行」「全国での年次大会の開催」「学会員や一般に向けた講座の開催」「学会員に対する研究費助成」「多職種連携・協働による仮説検証型の事例研究」「東日本大震災における気仙沼での継続的な支援」など、幅広い活動を行っております。

<組織概要>

 学会名称 日本老年行動科学会

 Japanese Society of Geriatric & Gerontological Behavioral Sciences

 代 表 者   理事長 大川一郎 筑波大学大学院教授

 設 立 年   1994年3月

 支 部   青森 岩手 東関東 神奈川 石川 長野 京都 大分 鹿児島

 組 織 等 学会誌編集委員会 研究委員会 東日本大震災支援委員会 コロナウイルス対策委員会

      ニュースレター委員会 活動推進委員会 事例検討委員会

 事 務 局

 〒113-0033 東京都文京区本郷3-24-6 一般財団法人 田中教育研究所内 日本老年行動科学会係

 電話: 03 (5844) 6887

 FAX:03 (5844) 6899

 e-mail: jsbse.jimukyoku@gmail.com

<活動内容>  

 ・全国大会(年1回)、講演会等の開催

 ・学会誌 「高齢者のケアと行動科学」、ニュースレターの発行

 ・研究助成 など

役員名簿.pdf